歯医者に関する情報が満載!

歯医者に通う前に /タイトル

意外と知らない歯医者の治療法インプラント

歯医者にほとんど行ったことがない方なら尚更知らないかもしれないインプラント治療、歯の抜けた部分に歯の代わりとして金属を埋め土台にして作る歯のことを言います。
メリットには自分の歯と同様の感覚で噛むことができて、ブリッジのように欠損部分の前後の歯を削り、繋がった歯を製作して固定すると、材質を選ばなければ保険が使えるので選びやすい方法でもありますが、健康な歯まで削ることになるのでデメリットとしては大きいです。
インプラント治療は健康的な歯のままで過ごすことができますが、疑問点として痛くないのか?または入院しなければいけないのかなどがあります。
基本的に入院はせずに麻酔での治療になるので術中の痛みはありませんが、骨作りを同時にする場合には、ある程度の痛みと腫れがあります。
また日常生活では腫れが少し残っても支障なく過ごせますが、インプラント費用は保険適応外になるので、治療前にしっかりと相談しておきましょう。

歯医者が提供するインプラントについて

歯医者が提供するインプラントとは、「歯科インプラント」のことで、歯がない顎骨にボルトのようなものを埋め込み人工的な歯を取り付けるものです。
治療費は社会保険が適用されず歯1本当たり数十万以上が一般的です。
治療費が高額なため、デンタルローンを紹介している歯医者やデンタルローンを提供する銀行があります。
デンタルローンとは、歯科治療全般(歯科矯正治療・審美歯科治療等も可)で使用できるローンのことで、クレジットカードの分割払いより分割可能上限回数が多く利率が低いことが多いです。
歯科医院数はコンビニより多いと言われており、玉石混合であることは否めません。
良い歯科医院を探すポイントですが、インプラント治療人数・歯科医院開院年数・アフターケアをキチンと行うところ等です。
治療人数については、治療回数に比例し、歯医者の経験があることを示します。
歯科医院開院年数については、開院した場所でどれだけの支持を患者から得ているかがわかります。
アフターケアについては、いくら人工歯といえども定期的な確認が必要です。
人工歯のため虫歯にはなりませんが、歯肉炎にはなります。
そのため、定期的なケアが必要です。

pickup

2017/4/10 更新